3,500円(税抜)以上のお買上げで全国送料無料!(一部離島を除く)

 

【特集】火星大接近

 

火星の大接近

火星が太陽に近い軌道にいる時に、地球との接近が起こると「大接近」となり、火星が太陽から一番離れた軌道にいるときに地球との接近が起こると「小接近」となります。
2018年7月31日は、太陽に近い軌道で接近するため、約15年ぶりに「大接近」となります。赤く大きく輝く火星を是非観測してみてください。


img-01

火星が地球に大接近する時は火星が太陽に近づく点(近日点)にあるときです。
その時、地球はだいたい8月上旬くらいにあたります。
そのため、7月~9月の終わりに地球と火星の大接近がおこると必ず大接近となり、また反対に1~3月頃に接近がおこると小接近となってしまいます。

火星を見るには

火星を見る条件は、なんと言っても「見掛けの大きさ」が大きい事です。
火星は最接近以外の時期は見掛けの大きさが3.5″くらいと非常に小さく、天体望遠鏡を使っても赤い丸い点くらいにしか見えません。
しかし大接近となる7月31日は、地球と火星との距離が5759万kmとなり、見掛けの大きさは24.3″と通常より7倍大きく見えます。

大接近時はもちろん、前後1か月くらいは視直径20″以上で観測ができるので、今年の夏休みは火星観察には絶好のチャンスです。
次に大接近になるのはさらに17年後ですのでこのチャンスを逃さないようにしてください。

但し、火星は最接近の頃でも視直径は月の視直径の約1/77と小さいので、肉眼では普段より明るく見える程度にしかわかりません。
是非天体望遠鏡を使って観測してみてください。
8.5cm以上の望遠鏡があれば火星表面の模様なども観測できるでしょう。
できるだけ口径の大きな望遠鏡を選び観測してみてください。



img-02@2x

火星はどこに見える?

7月31日の大接近時には火星はやぎ座あたりに見ることができます。
東京では、18時51分に東の空に昇り、翌朝4時18分に沈むまで ほぼ一晩中観測できるでしょう。

31日の21時ごろの図です。南東の低い空にあるのがわかります。【図3】 この時の木星の明るさは-2.2等で火星は-2.8等の明るさで見ることができます。
この時間、月はまだ昇ってきていないので夜空の中で一番輝いている星が火星という事になります。

火星は、大接近の7月31日以降、見える位置が大きく変わります。

img-04@2x

火星観測の注意点

火星観測は6月末頃~8月末くらいにするのがおすすめです。
できるだけ口径の大きな望遠鏡で倍率を上げて(100倍以上)で見てみると面白いでしょう。

通常 天体望遠鏡で天体観測すると、地球の大気の揺らぎのせいで見づらいことがあります。なるべく大気の揺らぎが少ない日を選び観測してみてください。
また何度も挑戦してみていると、目が慣れてきて火星表面の模様が見やすくなりますので、是非根気よく観測をし続けてみてください。



火星観測おすすめの天体望遠鏡

スカイエクスプローラー SE-AT100N

手軽に持ち運びができる天体望遠鏡。小さいながらも主鏡径が100mmと大きく3倍バーローレンズも付属しているので拡大して観測することができます。更に自動追尾機能付きで天体を追い続けてくれるので、お子様もご一緒に楽しめます。
30,651円

ミード EQM-127

口径127mmの反射式望遠鏡と赤道儀のセット。天体の追尾しやすさと口径の割にコンパクトな望遠鏡が魅力です。別売の「EQM用モータードライブ」を取り付けることでモーターでの追尾も可能です。観測条件が良好であれば火星表面の模様も楽しめます。
39,971円

ニュースカイエクスプローラー SE120鏡筒のみ

口径120mmの屈折式望遠鏡。反射望遠鏡に比べて取り扱いが簡単な事が特徴です。また外気への順応が反射望遠鏡に比べて速いのですぐに使い始める事ができます。筒内気流が生じにくいので安定した像が得られます。
44,023円

スカイエクスプローラー SE-GT100N

主鏡100mmのニュートン反射式天体望遠鏡。土星の輪、木星のしま模様と4つの衛星、火星の大シルチス、星雲・星団などの観測が楽しめます。

51,223円

ミード スマートフォン用カメラアダプター

スマートフォンをこのアダプターに取付け、天体望遠鏡のアイピースにセットするだけで簡単に天体撮影が楽しめます。幅26~33mm、高さ13mm以上のアイピースに取り付け可能。
2,138円

デジアイピースDX KDE-01

アイピースの代わりに取り付けるだけで、天体望遠鏡でとらえた映像をパソコン画面に映し出します。ご家族や友人と共に天体観測・撮影を楽しめます。

7,430円

 
表示件数
並び順
商品数:106件