3,780円(税込)以上のお買上げで全国送料無料!(一部離島を除く)

 

KENKO(ケンコー) オートデジメーター KFM-1100

 


定常光の測定
KFM-1100は30分のロングシャッターから1/8000秒までの高速シャッターまで広範囲の設定が可能。(表示は1段、1/2段、1/3段の切り替え式です)測光値は液晶表示窓に数値とアナログスケールの両方で表示されます。測定後、シャッタースピードやISO値を変更すると、相当する絞り値が自動的に表示されます。測定範囲はEV-2.0~EV19.9(ISO100時)と広範囲をカバーしています。 CINEモードを搭載しており、映画撮影にも対応。セットできるシネコマ数は8コマ/秒から128コマ/秒です。


フラッシュ光の測定
フラッシュ光の測定では、撮影状況によって「CORD」「NON CORD」の測定モードを選択できます。「CORD」モードの場合、KFM-1100前面のシンクロターミナルにフラッシュのシンクロコードを接続。測定ボタンを押すだけで、フラッシュ光が発光し、計測が可能です。「NON CORD」モードでは、測定ボタンを押すことで、メーターは測定待機状態となります。1分以内にフラッシュを発光させることでフラッシュ光の測定が可能です。




アナライズ機能
フラッシュ光の撮影を行うとき、写真の再現における定常光の影響を無視できません。KFM-1100はフラッシュ光測定時も、定常光成分を同時に測定する分離測光方式を採用しています。全露光量に対するフラッシュ光の割合を液晶表示窓に4分割のアナライズスケールにて表示します。例えばアナライズスケールが3つ点灯しているときは、フラッシュ光75%、定常光25%を表します。測定後、アップダウンキーでシャッタースピードを変更すると、アナライズスケールも対応して変化します。シャッタースピードを遅くすると定常光の影響を大きく受けた仕上がりとなります。アナライズスケールは2つの光源の割合をつかみ、狙い通りの表現を可能にします。





S/A/H演算機能(S/Hはスポットファインダー5°併用時のみ)
KFM-1100の受光球を別売の「スポットファインダー5°」と交換すれば、KFM-1100をスポットメーターとして活用可能。その際「S/A/H(ハイライト・シャドー・アベレージ)演算機能」が使用可能となります。測定値に対しシャドー基準露光、ハイライト基準露光の数値をそれぞれ演算します。またアベレージ(平均)露光の場合、まず写真のA(ハイライト部)を測定、2回目に写真のB(シャドー部)の測定結果をメモリーして、平均値を演算する機能です。





メモリー機能
KFM-1100はMボタンを押すことにより測定値を2個までメモリーすることができます。メモリーした測定値はアナログスケール上にドットで表示されます。メモリー機能を使うと、例えば照明比をアナログスケール上で視覚的に確認でき、ライティングの調整などに便利です。測定値を2個メモリーした後、3回目の測定をすると、アナログスケール上には3点(メモリー値2点、最終測定値1点まで同時に)ドット表示されます。






モニター機能
KFM-1100は、測定値あるいはアベレージ演算値と新たに測定した測定値との露出の差をデジタル表示します。この機能を利用すれば、アベレージ演算で求めた測定値や平均値で撮影しようとする場合、決定した露出値との露出の差を読みとることで、背景などほかの場所の照明チェックや照明ムラを測定することができます。また照明比の測定にもこの機能を使って露出の差を直読できるのでより高い精度で測定できます。測定後にS/A/Hボタンを押すだけでのシンプルな操作。露出差の表示範囲は±10.0EV(0.1EVステップ)です。




カスタム設定モード
KFM-1100はISO、FNo./EV、MODE、測定ボタンを押しながらPOWERボタンを押し電源をONすると、カスタム設定モードを起動できます。シャッター速度の設定(1段、1/2段、1/3段ステップ)、FNo.表示の設定(F値と1/10ステップまたは直読表示)、指示補正値(0.1段単位、最大±10.0EVまで)、シャッター速度とシネコマ数切り替えのカスタム設定が可能です。設定後電源をOFFし、再びONすることで設定が確定します。

各部名称






 
表示件数
並び順
商品数:5件

ショッピングガイド